« 2017年10月 | メイン

2017年12月 アーカイブ

2017年12月21日

挑 戦・・・

挑戦…11月国立新美術館開館10周年展覧会に建築家安藤忠雄展ー挑戦ーが開催された。これを見逃すのは恥だとばかり観に行った。安藤建築は沈黙への挑戦であり、力を秘めた空間を構成し装飾を一切排除し主役はこれだと語りかけている。1941年生まれ76才 彼は100才挑戦プランを目論んでいる。きっとゴルフする時間はないだろうなァ~(笑)小生は彼の分を・・・

光の教会(1989)の実寸模型
IMG_1816_R.JPG

外部・・・光と風を肌で感じたかったと
IMG_1820%E3%81%AE%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC_R.jpg

展覧会の図録「挑戦」を買ってレジに着くまで100m(笑)
IMG_1821_R.JPG


2017年12月30日

平成最後の懺悔の旅

平成最後の懺悔の旅は船旅となった。オーロラが見たいの一言でアトリエに届いたVISAの雑誌を思い出したのである。船でオーロラを・・とありキャッチコピーが「世界一美しい航路フッティルーテンで船からオーロラを観よう」ってね。これって「飛んで曲がらないドライバー」と同じくらいのキャッチコピーだね(笑)とにかく即決。今までの懺悔の旅は数千キロのドライブの旅、運転の疲れと罰金の支払いで旅の記憶がない状態(笑)という訳で今回はノルウェーの北極圏からフィヨルドを南下する旅となった。

北緯67度のキルケネスから出航
2.jpg


5日間の快適な船旅を提供してくれたトロルフィヨルド号
IMG_1302_R.JPG

フィヨルドの海は全く波がなく滑るような航海 世界一が見えてきたね 美しい
49%20-%20%E3%82%B3%E3%83%94%E3%83%BC.JPG


おットロムソで出会ったオーロラ・・・カメラじゃこんな、動画がいいらしい
37.JPG


航路は常にモニターにリアルタイムで表示
54.JPG

最初の寄港地ヴァルドーでスイスの建築家巨匠ピーターズントーの
魔女狩りのメモリアルホールを見る事が出来て感動
22.JPG


下船地ベルゲン港 右側は世界遺産ブリッゲン15世紀時代の
ハンザ商人の隆盛が伝わってくる
IMG_1389.JPG


ブリッゲンの木造は斜めっても元気      中から見ると、ドアはしっかり閉まる(笑)
57-1_R_R.jpg57-2_R_R.JPG


オスロ中央駅前の再開発に立つ総大理石仕上げオペラハウス(スノーヘッター設計)
70.jpg


別の再開発地区・レンゾピアノの現代美術館があり世界的な建築家を採用する事が羨ましいね
100.jpg


ノーベル賞の内ノーベル平和賞だけはここオスロ市役所で受賞式が行われる。
95_R.JPG

恒例の餅つき納会

毎年忘年会は餅つき大会を友人知人と一緒に盛大に行っている。5~6年になると思うけど餅つきは小生の性格に合ってる(Sか・・)かも。ススキノ忘年会も捨てがたかったけど(笑)。今年も約25~6名参加で楽しく打ち上げ。お供え餅も立派な出来栄えである。だんだん経験が無くなる子どもも参加して継承していって貰いたい。
IMG_2180.JPG

IMG_2175.JPG


私の好きなゼラニウム2017年

アメリカの旅で建築家の巨匠FL・ライトの建築を見て歩く内にいつもライト設計のフラワーポットにゼラニウムが植栽されている。ライトの作品は薄い彩色の混合材を入れたコンクリートが多く真っ赤なゼラニウムが良く映える…し建物が生き行きとして見える。依頼小生は多分30年間以上ゼラニウムが傍にいるのだ。今年は仕事がないのに(笑)最高の花を咲かせてくれた。
これって最後の何とかってやつ?笑 だから皆さんに分け与えてあげる。

DSC00027_R.JPG

DSC00032_R.JPG

DSC00025_R.JPG

戻る

About 2017年12月

2017年12月にブログ「MIYAZAKI MEMO」に投稿されたすべてのエントリーです。過去のものから新しいものへ順番に並んでいます。

前のアーカイブは2017年10月です。

他にも多くのエントリーがあります。メインページアーカイブページも見てください。